SOUNDABILITY 2.0

音楽 & PC ライフハック情報サイト

DTM関連 プラグイン

【Cubase用】Addictive Drums 2のドラムマップを配布!

投稿日:2018年9月4日 更新日:

その昔、Addictive Drums 2のキーマップって一体どうなってんねん!

と友人から連絡があり

それまでCubaseに最初から入っているお馴染みのGM MAPで騙し騙しやってきた僕らは、そういえばGM MAP上のOpen Hi-Hatにノートを打つとクラッシュシンバルが鳴るよなぁーって覚えてしまっているくらい、配列を無視してやりくりしてきましたw

なので時には、確かこの辺にタムが…なんていう文字通りの無駄打ちをして、音を確認しながら打ち込むという、よく考えたら手間なことをしていたのです。

まぁそれでも出来るので別に良いんですけども、改めて言われてみたら確かに気持ち悪いし、名前の通りの方が多少作業が早いよねということで、正しいドラムマップはどうしたら良いんじゃ!という疑問に立ち向かうことになりました。

そもそも、確か僕の記憶ではAddictive DrumsのメーカーであるXLN AudioがCubase用のドラムマップを配布していたような気がしていたんですが、それもよく調べたら勘違いで、実はFAQフォーラムで誰かが配布してたものだったらしく、現在はそのフォーラムごと見事に消え去っておりましたw

結局公式から出ているものは存在しておらず、個人の方が配布されてるものはいくつか発見できたのですが、ちょいと調べたら超簡単に作れそうだったので、せっかくなので勉強がてら作ったろう!といういつものDIY精神のもと、公式の配布しているキーマップを見ながら書き込むことに!

ドラムマップのダウンロードはこちら

というわけで、欲しい人がいるか知りませんが探していましたら下記よりどうぞ。

【Cubase用 Addictive Drums 2 ドラムマップ】
Addictive_drums_2.drm
※Dropboxのダウンロードリンクが開きます

ちなみにちょっとしたこだわりがあって、実際のキーマップ通り配置していくと、C0のKICKの前にCC(コントロールチェンジ)のキーや、ブラシ用のキースイッチが配置されているのですが、これまでGM MAPでやっていた自分からすると、ドラムエディター上の一番上はKICKから始まってて欲しいなぁ!ということで、CCとキースイッチはあえて後半に配置しています。

というか、寧ろブラシのキットを持ってなかったから、キースイッチがあることすら今回初めて知るというねw

あとCCキーだとモジュレーションホイールを使ってハットの開け閉めが出来ることも何気に発見!これはかなり使えそうね。

てかライドとかのShaft<->Tipは何にアサインされてるのか分からなかったんだけど、知ってる人います??

ま、とにかくこうやって何事も挑戦してみると新しい発見がありますね!

なので、僕と同じようにこれまでGM MAPでやってたよ!って人も、すんなり移行できるはずです。

ドラムマップの導入方法

肝心のドラムマップの導入方法を簡単に解説しておくと、まずいつものようにAddictive Drums 2を立ち上げた後

トラック左に出るインスペクターメニューのドラムマップ項目のところから

「ドラムマップの設定」を選択して

開いた設定画面の「機能」ボタンから

「読み込み…」を選択して

先程ダウンロードしたドラムマップを選んでもらえば

ドラムマップ項目の中にAddictive Drums 2が追加されるので

後はインスペクターからそれを選んでもらうだけで

ドラムエディターに反映されるという流れです!

ちなみに後半に追いやったキースイッチとかを良く使う鍵盤の近くに置きたいって人は先程の画面から編集が可能なので、オリジナルの配列もいとも簡単に作れますし、Addictive側から入れば、そもそもキーマップ自体変更することも簡単ですよ!

名前の部分を掴んであげると、入れ替えが出来ます!

Addictive側から入って配列を変えるも良し!

是非お試しいただければ!!

さいごに

これで打ち込み捗っちゃいますねー!

そもそもAddictive Drumsを持ってないよって人は買ってきましょーw

XLN AUDIO ( エックスエルエヌオーディオ ) / Addictive Drums2 Custom 簡易パッケージ版
XLN AUDIO ( エックスエルエヌオーディオ ) / Addictive Drums2 Custom 簡易パッケージ版

-DTM関連, プラグイン
-, , , ,

関連記事

【レビュー】SteinbergのインターフェイスURシリーズを徹底比較!

今回は大人気のオーディオインターフェイス、Steinberg社のURシリーズの比較レビューです。 全部僕の所有物ってわけではないですが、手近にちょうど比較できる3機種があったので、個人的に気になるポイ …

【RX 6との違いは?】iZotope RX 7 Elementsのレビューと使い方

ここ最近オーディオ業界を賑わせているiZotope社! ノリの軽い公式Twitterも話題ですよねw 本日は前回紹介したRX6 Elementsの記事に続いて、早速7にアップグレードしたので、そちらの …

【レビュー】MOOER GE200①|内臓アンプと外部IRキャビを用いた音作りと使い方

そーれ! (デデドン) というわけで久しぶりのハード機レビュー! 今回は話題の中華メーカーMOOERのマルチエフェクター『GE200』のご紹介です!! 知人が使っているのを見て良いかもと思って購入して …

【レビュー】Steinbergの新オーケストラ音源Iconica Ensemblesの使い方

さて、9月にリリースされたSteinbergの新しいオーケストラ音源『Iconica Ensembles』 リリース時に記事を書いて、それから結局買ってはいないのですが、公式から体験版の配布が開始され …

【レビュー】iZotope RX 6 Elementsの使い方とその効果は?!

※この記事はRX 6の解説ですが、最新のRX 7 Elementsも操作方法は同じです。 というわけでようやく届きましたよ。 iZotope RX 6 Elements!! いやー今日日プラグインがパ …