SOUNDABILITY 2.0

音楽 & PC ライフハック情報サイト

DTM関連 インターフェイス

【USB Type-C対応インターフェイス】PreSonus Studio 2|4 が発売!

投稿日:2018年10月10日 更新日:


今年のNAMM Showで発表していたPreSonusの新インターフェイスStudio 2|4がリリースされました。

Products:PreSonus Studio 2|4

と言っても日本ではまだ買えませんが…w

海外サイトで$149.95なので、日本で発売されたとしても2万円しないくらいでしょうかね?

こちらのインターフェイス、何が新しいって、MacBookユーザー待望のUSB Type-C接続なんですよ!

何かしらのハブを介さなくて良いっていうのは本当に有難いですねー。

サイズは以前から発売されているStudio 2|6とほぼ同じなので持ち運びもしやすいですし、最新MacBookユーザーには気になる一品となるのではないでしょうか!

もちろんこれ以外にもこれまでもUSB Type-C接続のインターフェイスは出てはいたんですけどね。

せっかくなので軽くご紹介をば。

USB Type-C対応のインターフェイス

先陣を切ったのはM-AUDIOでした。

M-AUDIO ( エムオーディオ ) / M-TRACK 2x2M
M-AUDIO ( エムオーディオ ) / M-TRACK 2x2M

値段も安いし見た目もカッコいいですよね!

その次はFocusriteから今年発表されたコチラ。

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Clarett 2Pre USB
FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Clarett 2Pre USB

マイクプリに力を注いだClarettシリーズの最新モデルですが、ちょっとお値段が高いのと、USBバスパワーではないのが玉に瑕なんですよね。

でも自宅で使うことを考えたらUSB Type-C接続唯一の4アウトの機種なので、そういったものを探している方にはおすすめです!

さいごに

このような製品が並ぶ中、今回登場したPreSonus Studio 2|4。

なんか一人勝ちになりそうな気が…。

それとも今後も各社からUSB Type-C対応のインターフェイスが続々と出てくるんですかね?

Cubase党の僕としてはSteinbergからのリリースを心待ちにしていますよ!w

また触る機会があったらレビューしたいと思いまーす!!

-DTM関連, インターフェイス
-, , ,

関連記事

【レビュー】MOOER GE200①|内臓アンプと外部IRキャビを用いた音作りと使い方

そーれ! (デデドン) というわけで久しぶりのハード機レビュー! 今回は話題の中華メーカーMOOERのマルチエフェクター『GE200』のご紹介です!! 知人が使っているのを見て良いかもと思って購入して …

【RX 6との違いは?】iZotope RX 7 Elementsのレビューと使い方

ここ最近オーディオ業界を賑わせているiZotope社! ノリの軽い公式Twitterも話題ですよねw 本日は前回紹介したRX6 Elementsの記事に続いて、早速7にアップグレードしたので、そちらの …

【Steinberg】安価で大容量!やべぇオーケストラ音源『Iconica Ensembles』がリリース!!

昨日Steinbergからメールがきて何かと思ったら、新しいHALion用のオーケストラライブラリーIconica Ensemblesがリリースされました! Iconica Ensembles 今年6 …

【要望・用途別】おすすめのオーディオインターフェイス|配信から録音まで使い方を考えた選び方

さてさて、今更かと思われるかもしれませんが、ここ数年で数々のインターフェイスが新発売され、まとめるにはそろそろ良い頃合いだと思ったので、満を持して2020年の今、おすすめのオーディオインターフェイスを …

【レビュー】Steinbergの新オーケストラ音源Iconica Ensemblesの使い方

さて、9月にリリースされたSteinbergの新しいオーケストラ音源『Iconica Ensembles』 リリース時に記事を書いて、それから結局買ってはいないのですが、公式から体験版の配布が開始され …