SOUNDABILITY 2.0

DTM 音楽情報サイト

DTM関連 インストゥルメント レビュー

【Ver1.5最新版】MODO BASSレビュー②|Drop Aチューニングでの打ち込みと使い方まとめ

投稿日:2019年10月17日 更新日:

今更企画第二弾!

前回のMODO BASSの記事を書くために色々試していた時に、そういえばバージョン1.5からドロップチューニングに対応したよなってことを思い出して、せっかくだからやってみようといざ打ち込んでみたら

音が出ないだと…?!

となりましてw

なんでだ?と思ってMODO BASSのキーマップを見てみたら、それもそのはず

デフォルトだとA0とA#0にキースイッチが割り当てられていやがる!!

え、これ普通にダメじゃない??w製品として破綻してるだろww

なんて想いが溢れ出ると共に、同じような想いをしてる人がいるのではと思ったのと、色々検証や提案も含めちょうど良いブログネタになるやということでまとめることにw

てなわけで早速進めていきましょう!

キーマップの設定

まず初めに、先程載せた画像の通りA0とA#0に割り当てられているキースイッチを変更する必要があります。

色々な方の記事も読んだのですが、皆さん意外と適当に変更していてあまり親切じゃないなと思いまして、最初にその提案から。

僕が考えるに、おそらくドロップチューニングを使用するとなった場合、大きく分けて3パターンの人がいると思っていて

  • これまでデフォルトのキーマップ配列を使用してきて、初めてドロップチューニングを使用する人
  • 普段は常にデフォルトのキーマップ配列を使用し、ドロップを使う曲のプロジェクトのみドロップ用配列に変更する人
  • 常にドロップ用のキーマップ配列で使い続ける人

このどのパターンだとしても、なるべく混乱の少ない変更にしたいですよね!

キーマップって慣れて覚えていくものなので、急に変わると困るし、そもそも過去のプロジェクトデータにも影響が出る可能性があります。

MODO BASSもバージョン1から1.5でこの部分がそこそこ変わって、割りと混乱しましたからねw

ちなみに1つ安心してもらいたいのは、基本的にMODO BASSのキーマップ配列は立ち上げるインストゥルメント毎になっていて、同プロジェクト内でも新しく立ち上げたMODO BASSトラックではデフォルトのキーマップが採用されることになるので、今回のドロップチューニング用に配列を変更しても過去のプロジェクトデータに影響が出ることはありません。

そんなことも踏まえて、これまでドロップチューニングを使ったことがなかった人も、これからガシガシ使っていこうと思っている人にも合ったキーマップ配列がこちらです!

先程の丸で囲んでいた部分のみを変更しているので、これまでデフォルト設定で使っていた人も変更点はたった2つなので、覚えやすいかと思います。

スラップモードをD#0にした理由は、フィンガーモードがF#0(FingerのFで覚えましょうw)で、そこから黒鍵の連続でフィンガー・ピック・スラップと並んでいたので、同じ黒鍵並びの方が覚えやすいと思ったからです。

またA弦を指定するキースイッチをA-1にしたのは、ドロップモードを使う場合は圧倒的に5弦ベースになっていることが多いと思い、5弦を指定するキースイッチはB-1なので、その隣で覚えやすいという理由でそうしました。

こういう理屈まで聞くとちょっと覚えやすかったりしませんか?(…しねーかw)

他はデフォルトと変わってないので、これまで使っていた人もさほど混乱することなく使用出来ると思います。

ちなみに先程お伝えした通り、一度設定しても新規でMODO BASSを立ち上げたり、プロジェクトを変えると配列もデフォルトで立ち上がります。

ただこれだとドロップ系の曲を良く作る人は毎回設定するのが面倒ですよね。

そんな場合は一度スタンドアローン版のMODO BASSを開いて、そちらのキーマップを好みのものに設定し、そのまま終了。

そしてDAW自体も一度終了させてから、立ち上げ直すと…

新規で立ち上げた時も先程設定したキーマップの状態で立ち上がってくれます!

これでドロップAチューニングの曲をガンガン量産できちゃうぜ!!

実際に使ってみた

というわけでせっかくなのでドロップチューニングを使ってデモ曲を作ったのでお聞きください!

ベース音源あるある:ベース音源のデモ曲、ギター入ってると全然雰囲気分からん~♪

っていつも思うのであえてベースとドラムのみでw

しかも新しく追加された「Dingwall® Combustion NG2 5-string」を使ってみました!

普通にめっちゃ良くないですか?!

5弦のLowC以下って低すぎて音程感が聴きとりづらかったりするんですけど、ちゃんと発音されてるのが凄いです。。。

敢えてのベタ打ち&スライドを多用しましたがラウンドロビンのおかげで同音の連続も自然ですし、スライドもかなり本物っぽくないですか??

好きだなぁ…MODO BASS。(急な告白w)

さいごに

というわけで今回はMODO BASSのドロップチューニングに焦点を当てて解説してみました。

これで皆さんもLowAをズンズク言わしてやってくだせぇw

まだ持っていない方はあと1ヶ月でやってくるブラックフライデーセールで必ず安くなるので、そこで必ずゲットしてくださいね~!!

IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / MODO BASS
IK MULTIMEDIA ( アイケーマルチメディア ) / MODO BASS

-DTM関連, インストゥルメント, レビュー
-, , , , , ,

関連記事

【レビュー】セールで買ったiZotope Ozone 8 Elementsの使い方

昨年驚くべきセールで話題になったiZotope社のOzone 8 Elements。 僕もこちらの購入方法の記事が軽くバズったり、DTMer界隈をかなりざわつかせましたねw あれから数ヶ月、すっかり遅 …

【24時間限定セール】Waves F6 Floating-Band Dynamic EQが29ドル!!

ども! たまにはこういう即時性のある記事も書いてみようかなということで… 『Waves F6 Floating-Band Dynamic EQ』が24時間限定で29ドルのセールをやっています!! ここ …

【セール?!】iZotope『Ozone 8 Elements』を112円で購入

今朝、早起きしたところに飛び込んできた大ニュース! 真夜中の爆裂企画>【無料】Plugin Boutiqueで買い物をすると、iZotope「Ozone 8 Elements」($129相当)が無償提 …

【レビュー】iZotope RX 6 Elementsの使い方とその効果は?!

というわけでようやく届きましたよ。 iZotope RX 6 Elements!! いやー今日日プラグインがパッケージで届くことなんてあるんですねーwもしかしてディスクで入れるの?!ってびっくりしちゃ …

【セール】AmpliTube 4 Deluxeが無料でもらえる期間限定キャンペーン!

ちょうどアンプシミュレータープラグインの記事をこっちに転載したタイミングでIK Multimediaさんが例のキャンペーンを始めておりました!! 全然知らなかったよwなんてタイミング良いんだww そう …