SOUNDABILITY 2.0

DTM 音楽情報サイト

DTM関連 プラグイン レビュー

【レビュー】iZotope RX 6 Elementsの使い方とその効果は?!

投稿日:2018年9月23日 更新日:

というわけでようやく届きましたよ。

iZotope RX 6 Elements!!

いやー今日日プラグインがパッケージで届くことなんてあるんですねーwもしかしてディスクで入れるの?!ってびっくりしちゃいましたww

でも開けてみたらなんてことはなく、いつものようにシリアルナンバーの書いた紙が入っているだけだったわけですが、もう各社ダウンロード販売だけで良いと思いますよ?ケースも紙ももったいないってw

まぁiZotopeもダウンロードできるアプリケーションが出来たのは最近ぽいですからね。
今後そうなっていくことでしょう!

そんな前置きは程々に、前から気になっていたこちらのRX 6 Elements、早速レビューしていっちゃいましょう!

RX 6 Elementsで出来ること

そもそもこのRX6シリーズにも様々なバージョンが存在しているわけですが、一番下位グレードであるElementsでは何が出来るかと言うと、主には以下のような機能が備わっています。

Batch Processing
一括処理機能を使用する事により、複数のファイルからなるグループに対して処理を自動化できる他、ファイルに対して複数のモジュールの処理を適用できるツール
De-click
デジタルエラー、口のノイズ、携帯電話による干渉、それ以外の原因により発生する短いインパルス・ノイズを除去するツール
De-clip
A/Dコンバーターへの入力過多、あるいは磁気テープのサチュレーションなどによって生じる、デジタルやアナログのクリッピングを修復できるツール
De-hum
オーディオファイルに混入した低周波数のバズやハムとそれらに対する倍音を除去するためのツール
Voice De-noise
シンプルなレーテンシーのないノイズ除去で、多様なマテリアルに対する高品質なノイズ除去を最小限の操作時間で行うツール

このように基本的にはノイズ除去を目的に開発されたソフトで、もちろんそれ以外にもオーディオデータにまつわる様々な機能を兼ね備えているのがこのソフトの特徴です。

上位グレードのStandardやAdvancedでは更に細かい目的に分かれたノイズ除去を行うことができるという感じですね!

使い方はとっても簡単

このRX 6 ElementsではDAW上でプラグインとして使う方法(VSTとAUに対応)と、ソフト単体で立ち上げるスタンドアローンと2つの方法で使うことができます。

今回はDTMerにも馴染みのあるプラグインで使用する際の方法を見ていきましょう!

毎度のごとくRX 6 Elementsをインストール後、DAWを開くとオーディオプラグイン内にいるので、それを立ち上げます。

上記にも書いたように目的別のプラグインがいくつか入っていますが、個人的には歌の場合のマウスクリック(口を開ける時の音)やデジタルノイズなどが普段もの凄く気になるので、それを消したくてこれを買ったと言っても過言ではありません!

それらを消すためには先ほども紹介したこの

De-click

というのを使います。

立ち上げるとこんな感じ。

あまり類を見るプラグインではないのでパラメータとか全然意味分からないですよねw

真ん中上のプリセットから選んでも良いのですが、マウスクリックを中心に除去するのであれば、左上のAlgorithmを「Low-latency」に設定して、Sensitivityにて除去するクリック音の感度を設定、Frequency skewにてクリック検知の周波数特性を調整します。

マウスクリックは大体高域なのでHF方向にもっていきつつ、綺麗に消えるポイントを探していく感じですね。

ただ感度を上げなくても聴感で分かるようなマウスクリックは余裕で消してくれるので本当に良くできています!

まぁ御託を並べても分からないと思うので百聞は一見にしかず!

実際に音で聴いてみましょう。

処理前

処理後

※例によって友達のボーカルデータを無許可で載せていますw

いかがでしょうか?歌の音質を損なうことなく、マウスクリックだけが綺麗に消えているのがお分かりいただけるかと思います。

上記でやった設定はこんな感じ。

右下にも表示されていますが、メインボーカルの頭からおしりまで読み込ませたところ、400clicks以上処理されているのがわかりますね。

帯域の違う音で消えない音がある場合にはFrequency skewを変更したもの更に重ねがけをすると良い結果が得られる場合もあるので是非試してみてください!

あと何気に面白いのが、プラグイン画面の下にある「Output clicks only」というチェックボックス。

ご想像の通り、消したクリック音だけを聴くことができちゃいます!

マウスクリック音フェチにはたまらんですね(そんな奴いるんかw)

興味があればご視聴をww

ちなみに先ほども書いたStandard以上のグレードにはMouth De-clickという機能がありまして、さらに声や歌に特化して細かく狙いを絞ってノイズを除去することができます。

でもElementsでもこのくらい綺麗に消してくれるので十分だと思いますけどね!

歌のミックスに特化しているようなMIX師さんや仮歌などをやるボーカリストの方、ナレーション録りなんかをする方には本当におすすめのプラグインです!

唯一の難点はこういったリアルタイム処理の特性を持ったプラグインなので、CPU負荷が高いってことですかね〜。

とは言えDAWソフトが走らせられるMacであれば全然余裕ですけども。

さいごに

こんな感じでその他にも色々なノイズを除去するための機能が入っているRX6 ELEMENTS!

今ならなんと3000円ちょっとで手に入ってしまいます!

iZotope ( アイゾトープ ) / RX 6 Elements


iZotope ( アイゾトープ ) / RX 6 Elements

そして今月、とうとうアップグレードされてRX7が発売になりましたね!

今のタイミングでRX 6 Elementsを買うとRX 7 Elementsへ無償アップグレードができるので、早まって7を買わないようにお気をつけください!!

そこを踏み台にStandardやAdvancedに上げるのが買い物上手ですかね。僕もきっと上げちゃうだろうなーw

まずはこのあと7 Elementsに上げてみて、また違いなんかをレビューしようと思います。

↓早速書きました↓

そんなおすすめのプラグイン、iZotope RX 6 Elementsのレビューでした!

-DTM関連, プラグイン, レビュー
-, , , ,

関連記事

【Steinberg】安価で大容量!やべぇオーケストラ音源『Iconica Ensembles』がリリース!!

昨日Steinbergからメールがきて何かと思ったら、新しいHALion用のオーケストラライブラリーIconica Ensemblesがリリースされました! Iconica Ensembles 今年6 …

【RX6との違いは?】iZotope RX7 Elementsのレビューと使い方

ここ最近オーディオ業界を賑わせているiZotope社! ノリの軽い公式Twitterも話題ですよねw 本日は前回紹介したRX6 Elementsの記事に続いて、早速7にアップグレードしたので、そちらの …

【レビュー】セールで買ったiZotope Ozone 8 Elementsの使い方

昨年驚くべきセールで話題になったiZotope社のOzone 8 Elements。 僕もこちらの購入方法の記事が軽くバズったり、DTMer界隈をかなりざわつかせましたねw あれから数ヶ月、すっかり遅 …

【レビュー】入門にぴったり!199ドルで買えるオーケストラ音源|UVI Orchestral Suite

さてさて、先日Iconica Ensemblesの記事でもちらりと書きましたが、本日はこちら、UVIの激安オーケストラ音源『Orchestral Suite』のレビューです! UVI ( ユーブイアイ …

【Cubase用】Addictive Drums 2のドラムマップを配布!

その昔、Addictive Drums 2のキーマップって一体どうなってんねん! と友人から連絡があり それまでCubaseに最初から入っているお馴染みのGM MAPで騙し騙しやってきた僕らは、そうい …