SOUNDABILITY 2.0

音楽 & PC ライフハック情報サイト

ガジェット スマートフォン関連 レビュー

【比較レビュー】BeatsXとBeats Flexの違いを徹底検証|iPhone用Bluetoothイヤホン

投稿日:2020年10月27日 更新日:

先日Amazonのプライムデーセールにて、何か欲しいな~と探していたところ、なんとBeatsのBluetoothイヤホン『BeatsX』が半額になっていたので思わず買ってしまいました!

定価1万円のイヤホンが半額ってなかなかじゃない?!

Twitterでもおすすめしたらあっという間に完売してましたねw

まぁ実はこれがAmazonの壮大な罠とはこの時はまだ気付かず、ウキウキ気分で届いたイヤホンを試して満足していたわけですが、ちょうど同時期にAppleの方で新製品の発表もあって、どのiPhoneを買おうかと悩んでいたところ、衝撃的なものを発見してしまいました。

なんやこれ、見た目が買ったばかりのBeatsXとそっくりで、定価がそもそも半額なんだが…?!

と慌てて調べてみたら、なんとプライムデーの次の日にBeatsXの後継機として新発売されていたモデルでした。。。

嘘だろ?!やられたーww

って最初は思ったんですが、もちろんAmazonもこれを知っていたわけではないと思います。

よくよく調べてみるとBeatsXは昔からよくAmazonで半額セールをやっていたようで、今回はたまたまそのタイミングが被ってしまったみたいですね。

おそらく僕のツイートを見て同じように購入した人もいると思いますが、それはマジでごめん!w

新iPhone発表の前日にWEB版のApple Storeから社外製のイヤホンやヘッドホンが消えて、こりゃAirPods Studioの登場では?!と噂されていましたが、Beats Flexだったんかい!っていうねw

そんなこともあり、今回まんまと最悪なタイミングで買ってしまったものの「後継機なんて言われたら気になっちゃうじゃん~」ということで、皆さんへの謝罪の念とブロガー魂を見せつけるべく…

こっちも買いましたww

いよいよブロガーっぽくなってきましたねーw

まぁ今年はこのブログで相当稼がせてもらってるんでね、まだまだいきますので!(何の宣言w)

というわけで、無駄にイヤホンが2つになってしまいましたが、新作の『Beats Flex』が気になってる人も多いと思うので、後継機と比較しながらレビューしていっちゃいましょう!!

BeatsX & Beats Flex 比較レビュー

外観比較

先にBeatsXから届いたので、イヤホンなのに大きな箱に入っててさすがBeatsだなぁと思っていたら、後からBeats Flexが届いてびっくり。

箱小っちゃ!

これ多分なんですけど、iPhoneも今年エコのために箱を小さくしてて、そういった流れに沿っているんだと思います。

BeatsXはイヤーピースもプラスティックケースに入っていましたが、Beats Flexでは外装フィルムはおろか、中身は全て紙素材でしたし。

箱の形状とかもとても工夫されていました。

まずそんなところから違いを感じたわけですが、後継機だけあって、本体の見た目はほとんど一緒です。遠目から見たら分からんくらい!

大きな違いはBeatsXではマイク兼コントローラーだったRemoteTalkなるものが無くなっているのと、ロゴの色が赤いくらいなものです。

※左がBeats X、右がBeats Flex

並べてみてもこのようにパッと見は分かりませんよね。

細かいことを言うとパーツの形状が違ったり、RemoteTalkがなくなった分Beats Flexの方は首に掛けるところがマイク兼コントローラーになっていたり、もちろん変更点はありますけど。

調べてみるとBeatsXではこのRemoteTalk部分から断線する報告も多かったようで、それで言うと余計なパーツがなくなって、ただただ改善されたのは有難いアップデートと言えるでしょう。

機能比較

実際に使用する前にまずは充電からですが、ここでも両者には大きな違いがあります。

ひとつは充電コネクタの形状がBeatsXはLightningBeats FlexはUSB-Cになっていることです。

iPhoneユーザーからすると同じLightningケーブルで充電できるXの方がケーブルの使い回しができて良いなと思いましたね。

個人的に今とにかく家に色々な電源ケーブルがありすぎて、少しでもスッキリさせたいのでw

あと、最近のiPhoneではない人はそもそもUSB-Cの電源アダプターを持っていない人もいるかもなので、そこは注意しましょう。(新型のiPhone12以降はアダプターが付属しないので更に注意)

もし別途購入する場合は急速充電に対応しているものがおすすめです。びっくりするくらい早く充電できちゃいますから。

僕みたいに色々なデバイスを持ってる人は上記のようなUSB CにもAにも対応している口の多いものが良いかもですね。(急速充電はUSB PDやIQ対応というものを選べばOK)

ちなみにバッテリーに関してはBeatsXが最大8時間再生なのに対して、Beats Flexは12時間再生と飛躍的に伸びたものの、急速充電(Fast Fuel機能)においてはBeatsXが5分充電で2時間再生で、Beats Flexは10分充電で1.5時間再生となっており、実はBeatsXの方が高い性能となっています。

とは言え、5~10分だけ充電するというシチュエーションがほぼないため、その実感はあまりなく、どちらも早く充電が終わる印象です。

ざっくり測ってみたところ、急速充電でBeatsXは40分Beats Flexは70分でフル充電という感じでしたね。(Beats Flexの方が容量が大きいから当たり前と言えば当たり前ですが、やはり速さはXの方が上)

その他に違う点は、 今回Beast Flexに新搭載された自動再生・自動停止機能です。

これはiOS14と共に使える機能で、イヤホンを耳から外し、左右をマグネットでくっつけると流している映像や音楽が自動で止まってくれるというものになります。

自動で止まるというより、イヤホンがスリープ状態に入り、デバイスとの接続が中断されるという感じですかね。

そして、再びマグネットを離すとすぐに接続されます。

個人的にはこの機能が一番素晴らしいと思っていて、そもそも皆さん、Bluetoothイヤホンを外す時にいちいち電源って切ってます?

僕は基本的に1日中電源を入れっぱなしなことが多いんですが、BeatsXだと待機電力でもそこそこ電池を食っている感じがあって、それでいて連続再生8時間なので、あんまり使ってないのに割と早く電池切れになると感じていたんです。まぁいちいち電源落とせやって話なんですけどw

それに対してBeats Flexは電池容量の向上とこの機能のおかげで待機電力を食っている感じがかなり軽減されているっぽくて、体感で電池持ちが良いなぁと感じてしまったので、これはもうXには戻れませんw

ちなみに、この機能のせいもあってBeats FlexはiPhoneとの接続時にiOSアップデートを促されます。(iOS14.1以上が推奨環境)

こういった表示が出るのもAppleのW1チップを搭載していて、iOSとリンクしているからで、接続するとこのように充電表示もされ、アイコンもちゃんとBeatsのマークが付いています。

これに関しては両者とも共通で、iPhoneの近くで電源を入れれば本体画像と共に接続画面が出てきて、一瞬でペアリングが完了するのはとってもスマートでした。

あと特筆している点で言うと、対応しているイヤホン同士であれば1つのデバイスから2つのイヤホンへの同時再生が可能で、Beats Flexはそれに対応しています。

まぁそれが必要なシチュエーションがほとんど思い浮かびませんけど、飛行機とか電車内で友達と一緒に映画とかを観たりするのには良いかもですね。

音質比較

さてさて、細かい性能はそりゃ新型の方が良いに決まっていますが、イヤホンの一番大事な部分は機能じゃなくて『音』でしょうよ!ということで、音質にも着目していきましょう。

これほんとに正直な話、先に届いたBeatsXを使ってみた感想は「音、悪ぅ…」でした。

いや、悪いというよりは、音が軽く、高域がチリチリしてる感じで、申し訳ないけど、これが定価1万円だとしたら結構ヤバいと思っちゃいましたw

今だと中華製のイヤホンでもっと安くて音が良いものが沢山ありますからね。(それはそれで電池の持ちが悪かったりしますけど)

決して変な音じゃないし、ちゃんとミックスされてる音楽とかを聴く分には普通っちゃ普通なんだけど、YouTubeとかの音声を聴くと、特に音が悪い音声のものが、より悪く聴こえるみたいな感じです。

個人的にはあの音が潰れて聴こえる高音のチリチリって苦手なんですよね…。

こりゃBeat Flexの方も値段安くなっちゃってるし、大して変わらんのちゃうん?って全く期待してなかったんですが、そこはちゃんと改善されていました

こっちの方が断然好き!!

同じYouTube音声も聴いてみたけど、変なチリチリ無くなってるし。

やるやんBeats。(何様w)

とは言え1万円でXを買った人がいたんだとしたらちょっと可哀想かなw

逆にFlexは高域が物足りなくてこもったような印象と言っている人もいましたけど、ローが出ると相対的にそう聴こえるかもですが、安っぽいハイのチリチリが出るより僕はよっぽど良いと思いますけどね。

重心低めな音で長時間聴いても疲れない系の再生周波数帯域って感じです。

低域がガンガン出てるって感じでもなく、この辺りは好みが分かれそうですが、ネットで買うとなると視聴も出来ず勘で買うしかないので、色々な人のレビューを参考に検討してみていただけると。

まぁ音に関してはあんまり期待しない方が良いかなw

不満点

そんな高評価なBeats Flexにも一点だけ不満点があります

それは

ケーブルが長すぎる

ということ。

ネックバンドがあるタイプのものは割とこういう傾向にあると思いますが、外した時にイヤホンが溝落ちくらいまでぶら下がるのがちょっと邪魔だなって印象です。

これはXもFlexもほぼ同じ長さなので同様にって感じですが。

まぁこれ以上短くすると装着時にネックバンドに引っ張られて、それはそれで気持ち悪そうなので、難しいところですけどね。

同じように気になる人もいるかもなので、一応記載しておこうかなと。

さいごに

いかがだったでしょうか?

最後にせっかくなので比較表でまとめておきましょう。

BeatsX・Beats Flex比較表

BeatsXBeats Flex
充電コネクタLightningUSB-C
最大再生時間8時間12時間
Fast Fuel機能5分で2時間再生10分で1.5時間再生
フル充電時間約40分約70分
自動再生・停止×
Apple W1チップ
2イヤホン再生×
音質
価格(税込定価)10,780円5,940円

このような違いがあって、定価で比べたら半額の差があるので、今購入するのであれば間違いなくBeats Flexをおすすめします!

色も下記のように4色から選べますからね。

自分の中で今年のAppleは「青の年」なので一瞬青と迷いましたが、あまりに鮮やかな青だったのでチキって無難な黒にしちゃいましたw

Apple Store – Beats Flex

いや〜まさかいきなり半額になるとはね…。企業努力ですなぁ。

ちなみに、画像にもある通りBeats FlexはApple Store限定販売なので、今のところ他の代理店で購入はできません。(Apple Storeの入っている電気店であれば購入可)

追記:とうとうAmazonでもBeats Flexの販売が開始されました!

今のところブラックとユズイエローだけですが、ポイントも付くしAppleで買うよりほんの少し安いです!!

多分この先Amazon等ではBeatsXの在庫処分セールが頻繁に行われそうですが、僕のように割引率に惹かれて購入しないようお気をつけくださいw

2000円とかにならない限り、あえてBeatsXを選ぶ理由はないと思うので。

最初にも言いましたが、僕と同じように前回のプライムデーで購入してしまった人は、諦めて使い続けるか、Beats Flexを買って、Xは誰かにプレゼントしちゃいましょうww

というわけで、話題のBeatsイヤホンの比較レビューでした!

検討していた方の参考になれば幸いです。

それではまた〜。

-ガジェット, スマートフォン関連, レビュー
-, , ,

関連記事

【2020年版】iPad Air 4レビュー|iPad Air 3やProとの違い・性能比較まとめ

はい、きましたよーーーー! そう!! iPad Air 4!!! どどーーーん。 いや~、美しいねぇ…。 先月から新製品ラッシュのAppleですが、前回のApple Watchに続いて、iPad Ai …

【レビュー】Apple Watch Series 6 ブルーアルミニウム|ソロループのサイズ感など徹底検証

つ…遂に来たぞーーーーーーっ!!! Apple Watch Series 6 ブルーアルミニウム40㎜&ブレイデッドソロループ!! ようやくですよ! 前からずーーーーっと買おうと思っていたんで …

【考察】iPad Air 3 にて発生する液晶のホワイトスポット(輝度ムラ)について

ごきげんよう! 今回は珍しく何のお役立ち情報でもないただの考察記事です。 日本のブログ記事にはあまり情報がまとまっていなかったので、僕が調べた限りの考察を書き記しておこうかなと。 テーマは表題の通りi …

【簡単】iPhoneとMacだけでリアルタイム字幕配信する方法|音声文字変換

皆さん、こんにちは! 先日Twitterで話題になっていた落合陽一さんのこちらのツイート #xdiversity @xdiversity_org #stayhometokyo #音声文字変換 pic. …

【超簡単】iPhone×Mac×QT×OBSでスマホゲームを配信する方法|PUBG Mobile

仮想オーディオデバイス特集の流れから、せっかくなので更に一歩踏み込んで、今回はゲーム配信の方法を解説していきたいと思います! ただ、Macでゲーム配信と言ってもやれるゲームが限られてしまうので、やはり …